お酒・ワインの雑学・トリビア・豆知識

お酒・ワインの雑学・トリビア・豆知識
 
 
・乾杯の起源は、酒に毒が入っていないか確認するため
 
グラスをぶつけた勢いで互いの酒が相手のグラスの中にとび、毒を盛られていないことを確認するために行われたのが起源。
他にも、音を立てることでお酒に宿っている悪魔を追い払うため、毒が入ってないことを証明するために家の主と客が同時に飲み干す合図に使ったとも言われている。
 
乾杯
 
 
 
・「泥酔」の「泥」とは酔った姿に似た虫のこと
 
「泥(でい)」は中国の空想上の生き物で骨がないと言われており、それが水辺を離れてのたうち回っている姿が似ているので「泥酔」となった。
 
 
 
・アラスカでは飲酒運転が認められている
 
凍死を防ぐために血中濃度が0.08%未満(日本の約2倍)であれば問題ない。
ビールであれば大瓶2本程度の量。
バスやタクシーの運転手は血中濃度が0.04%未満まで。
 
アラスカ
 
 
 
・酔っていても長期記憶で家に帰れる
 
人の記憶は長期記憶と短期記憶に分けられるが、酔ってなくなるのは短期記憶。長期記憶では、住所や駅などの場所を覚えているため、帰ったルートは記憶に残らないが、帰宅できる。
 
 
 
・年代もののワインを簡単に作る、魔法の棒がある
 
「クレ・デュ・ヴァン」という商品。「熟成」と「酸化」は同じという理論の元に作られたもので、ワインにつけると「1秒ごとに1年分」ワインセラーで寝かせた状態と同じ風味になるといわれている。(1本 10,710円)
 
クレ・デュ・ヴァン
 
 
 
・ホワイトハウスでオバマ一族がビールを作っている
 
オバマ・ファミリーが管理している「ホワイトハウス・ハニー・エール」というビール。
ミシェル夫人の養蜂箱から採ったハチミツで風味付けされている。
販売はしていない。
 
オバマビール