長野県の県民性 – 出身地による性格の違いと付き合い方

長野県の県民性 – 出身地による性格の違いと付き合い方

長野県民は「議論好きで理屈っぽい」県民性といわれています。理由は、冬は雪に閉ざされて、家の中で議論するしかなかったからです。また、長野県は教育に熱心な「教育県」だったこともあり「出世のために勉強する」という保守的な考え方が培われました。議論を好むのですが結論は出ないため、理想主義者ともいわれています。

また、長野県は山々でいくつかの地域が区切られており、それぞれの地域は独自の文化や考え方を持っています。そのため長野県民は「長野県」と一括りにされることを嫌います。昔の呼び名「信州」が今でも好まれるのは、まとまりのない県民性の表れともいえるでしょう。

長野県民はまじめで理屈好きです。健康への気の使い方も理論的で、そのおかげか、全都道府県の中でも屈指の平均寿命の長さとなっています。

真面目な性格ゆえ、冗談が通じない人も多く、何事にも裏づけを欲しがります。難しい言い回しを好んで使うのも長野県民の県民性でしょう。理屈っぽい性格は県北部にいくほど顕著になり、南下するほど目立なくなるようです。

長野県民とうまく付き合うには、堅物な性格をいかに上手にかわすかを考えなければなりません。完璧主義なため、ミスや間違いがあれば厳しく突っ込まれます。真面目なので、軽すぎるふるまいも受け入れてくれません。礼儀正しく接して、きめ細かいサービスを行えば心を開いてくれるでしょう。

恋愛についても同じです。半端な気持ちで近づいても相手にしてもらえません。本気であることを時間をかけて伝えて説得するのがいいでしょう。人目を気にする女性も多いので、電話やメールでもアプローチが有効です。