福岡県の県民性 – 出身地による性格の違いと付き合い方

福岡県の県民性 – 出身地による性格の違いと付き合い方

福岡県は、もともと筑前(ちくぜん)、筑後(ちくご)、豊前(ぶぜん)といった国が統合してできた県です。また、古くは大和朝廷の時代から大阪への玄関口として栄えた地域でもあります。

さまざま異文化が流れ込み混ざり合った土地だけに、そこに住む人々は開放的といわれています。日本海を超えるとすぐに韓国なので、福岡県民にとって釜山や上海は東京より身近です。交流も多いの開放的な性格は現代人にも引き続きみられます。

九州地方の多くは「縦社会」の県民性が顕著ですが、福岡県民に関してはあまり感じられません。福岡県の県民性は一般的に「酒好き」「派手好き」「祭り好き」といわれ賑やかでラテンのノリに近いものがあります。

ただ「福岡県」になる前にバラバラの国だったため、地方によって性格の違いが大きいようです。たとえば、福岡市周辺の人々は都会的ですが、炭鉱地帯だった筑豊(遠賀(おんが)川筋)の人々は「川筋気質(かわすじかたぎ)」と呼ばれ、男らしい性格をしています。

また、福岡県は有名芸能人の輩出人数が多いことも良く知られています。タモリ、浜崎あゆみ、武田鉄矢、黒木瞳、妻夫木聡、井上陽水など。派手なイメージの芸能界です。派手好きの県民性と関係あるのかも知れません。

福岡県民は、派手を好む一方で、緻密さや辛抱強さはないといわれています。考えるよりも気持ちで動く人が多いようです。恋愛に関してもあれこれ悩むより、まず行動の積極的なところがあります。

福岡県民と上手に付き合うには、ヨイショが有効です。派手好き、祭り好きな性格なので、気持ちを心地よく刺激して楽しい気分にしてあげれば、いい関係が築きやすくなるでしょう。