長崎県の県民性 – 出身地による性格の違いと付き合い方

長崎県の県民性 – 出身地による性格の違いと付き合い方

長崎県は、鎖国中だった江戸時代、唯一世界とつながっていた場所です。3方を海で囲まれていることもあり開放的な県民性といわれています。早くから外国文化に触れており、食べるものにも困らなかったため、おおらかな性格の人が多い傾向です。西洋文化に感化されて、身分の上下を気にする人もあまりいません。

おおらかな県民性のため、行動力や忍耐力には欠けるきらいがあります。また長崎県が小さい島国の集まりという地域性から、県全体としての結束力は希薄のようです。細かい気質は島々ひとつひとつにバラツキがあります。

長崎の名物料理は個性的です。皿うどん、ちゃんぽん、しっぽく料理、トルコライスなど和洋中が折衷されており、ここから長崎県民の「いいものはドンドン取り入れよう」という気風が感じ取れます。実際、多くの長崎県民は「開放的」な県民性です。常に世界に目が向いているといった感じで、性別や人種で人を軽んじることはないといわれます。

しかし、おおらか過ぎる性格のため、時間に遅れる人が多いなど、自分に対する態度も甘めです。長崎県民は、組織の歯車として働くと上手に力を発揮できないタイプかもしれません。逆に言えば、芸術家やクリエイターなど、人や時間に縛られない生き方があっているともいえます。

長崎県民は恋愛に関しても開放的です。気が合えば比較的簡単に交際まで発展できます。しかし真剣になるまでは時間がかかるため、交際から結婚までの道のりは他県民に比べると長いでしょう。仕事についても「楽しいから頑張る」といった気性です。粘り強さに欠け、甘えも目立つかもしれません。

あけっぴろげでタブーの少ない県民なので、うまく付き合うには細かい指摘は少なくして、一緒に行動するときも叱るときも判りやすく大胆にやるといいでしょう。