沖縄県の県民性 – 出身地による性格の違いと付き合い方

沖縄県の県民性 – 出身地による性格の違いと付き合い方

沖縄県は他県民に比べて、郷土愛がずば抜けて深い県民性といわれています。歴史的に見ると、17世紀に薩摩藩が接収するまで「琉球王国」という独立した国でした。また太平洋戦争では唯一地上戦を経験した場所でもあります。このような出来事が沖縄県民の絆を強いものにしたようです。

また「門中(もんちゅう)」と呼ばれる、親戚関係にも似た独特のつながりがあり、一族間の結びつき、連帯意識はとても強いものがあります。県民同士の絆が強い反面、本土の人たちには不信感さえ持っているという話も聞かれます。Uターン就職もかなり多いのです。

南国特有の県民性は、沖縄県民も例外なく持ち合わせています。明るい性格で楽天的、くわえて、ゆったりした性格で、待ち合わせ時間を決めても、その時間になるとようやく支度をはじめるような「沖縄時間」さえあると言われるほどルーズなのです。

沖縄県といえば、サーフィンやスキューバーダイビングなどのマリンスポーツをイメージする人も多いでしょうが、そのインストラクターのほとんどは県外の人です。沖縄に憧れて移住してきた人が生活の糧にやっていることが多いのです。生粋の沖縄県民は沖縄独自の文化を守ることのほうに喜びを感じます。

考え方は、仕事より遊びを優先にする傾向があります。男女同権が当たり前で、女性は仕事にも熱心です。遊び好きの男性をしっかりサポートするしっかりしたイメージさえあります。

沖縄県民の本土への憧れは強く、また本土の言葉をキチンは話せないことへのコンプレックスも強いといわれます。そのため本土の人の前では、持ち前の明るさを発揮できず無口になってしまう人も多いそうです。

明るい性格の県民性です。沖縄県民とうまく付き合うには、相手に合わせて明るく話しかけるのが近道です。大雑把過ぎる性格に振り回されることもあるでしょうが、そこさえ受け入れることができれば、いい関係が築けるでしょう。