金魚すくい名人が教える、上手なすくい方テクニック・考え方の雑学・豆知識

金魚すくい名人が教える、上手なすくい方テクニック・考え方のトリビア・話のねた


1.金魚すくいは店選びが重要

ひとつの祭りに複数の金魚すくい屋さんがいたらどの店がいいか選ぶ。
威勢の良い金魚ばかりの店はすくいづらい。
ねらい目は金魚がたくさん泳いでるお店。金魚がたくさんいると酸欠で、水面に浮いてくる。そういう金魚は弱っていて、すくいやすい。

 
2.使っているポイを見極める

金魚をすくう和紙でできた道具をポイという。
実はこのポイには4号~7号までの種類がある。和紙の厚さが違い、4号が一番和紙が厚く破れにくい。逆に7号が一番薄く破れやすい。
ガードが甘い金魚屋は、お店の裏にポイがダンボールのまま置いてあり、ポイの号数も書いてある。4号とか5号と書いてある店を選ぶといい。

金魚ポイ


3.ポイの和紙にムラがないものを選ぶ

和紙にムラがあるポイは破れやすい。ポイが破れるときは、大概和紙の厚さが不均一な部分に力がかかったとき。もし手に取った和紙をくまなく見てムラがあるようなら、思い切って「チェンジ!」と言ってみよう。


4.ポイは全体を水につける

素人が金魚すくいをやると、ポイを半分だけ水につけるなど、水につけない部分を残す。先ほども言ったが、ポイはムラがあるところから破れる。水に半分だけつけると、濡れてる所と乾いてる所の境目に力がかかり、そこから破れる。金魚すくい名人は全体を水につける。


5.金魚の習性を知る

金魚がたくさん集まってきたほうがすくいやすい。金魚は影のところに集まるので、うちわなどで影を作るといい。そこに集まってくる。


6.ポイは60度に傾けて持ち上げる

地面と水平のままポイを持ち上げると、ポイに金魚の全体重がかかり、破れやすい。
斜めにすることで、金魚の体重が、ポイを押す力と、ポイをすべる力(摩擦でとどまる)に分散されるので、ポイに負担をかけずにすくうことができる。
ポイが水面から離れたら、地面から60度傾けて持ち上げるのが理想。(なお、うろこの摩擦係数は考慮していない)


7.ポイを強化する裏ワザ

和紙は豆腐の絞り汁を塗ると破れにくくなる。これは和紙を扱う職人が張り紙等として和紙を張るときにやる裏ワザ。
和紙は、油と水の混合物を塗ると強化する。豆腐の絞り汁を使うのはそのため。
このワザを金魚すくいで使うには、顔にかいた汗が最適。
汗は脂と水の割合が最適なため、ポイで汗をさりげなくぬぐうと、ポイの水への耐水性が高まる。