健康できれいに痩せるために知っておきたい雑学・豆知識

健康できれいに痩せるために知っておきたいトリビア・話のネタ
 
 
・痩せやすい体になる(代謝を上げる)には、水を飲むといい
 
確実に痩せる方法は、消費カロリー以上にエネルギーを摂取しないこと。つまり、代謝を上げれば、その分多く食べても平気ということになる。代謝を上げるもっとも手軽な方法が水を飲むこと。血液は90%が水分なので、水を飲めば血液はサラサラになる。脂肪を燃やすには酸素が必要だが、血流がよくなれば血流に乗って運ばれる酸素の量も多くなり、脂肪燃焼量も多くなるというわけ。ちなみに体が必要とする水の量は1日で「体重×40ミリリットル」。50Kgの体重なら2リットルが理想。
 
水を飲んできれいに痩せる
 
 
 
・体重を記録するだけで痩せるコツ
 
毎朝晩、体重を記録するだけで痩せるダイエットがある。
コツは2つ。

1.体重を0.1kg刻みで細かく記録する。
2.体重の変化はグラフで記録し、0.1kgのメモリ幅を大きく取る。

たった0.1kgの体重の変化も、大きな変化として記録しておけば、自然と普段の生活を気をつけるようになる 
 
 
・骨盤ダイエットとは
 
体が歪んでいれば、その部分には無駄な負荷がかかり、筋肉は動きにくくなってその部分に脂肪が付きやすくなる。また筋肉は血の巡りをよくするポンプの働きをしているので、筋肉が動きにくくなれば、代謝も悪くなって太りやすい体質になる。これを改善するのが骨盤ダイエット。
骨盤は人の骨格の中心にある。骨盤のゆがみを直せば、波紋が広がるように、骨盤の上の背骨、その上の頭蓋骨、骨盤の下の股関節、その下の大腿骨と体全身のゆがみを直すことができる。骨が動けば、付随している筋肉もうごき、その上の脂肪や表皮も動く。骨盤のゆがみを直せすことで、全身を改善させるのが骨盤ダイエットの仕組み。
 
骨盤の図
 
 
 
 ・「美人の湯」といわれる温泉はすべてアルカリ性
 
アルカリ性のお湯は、肌の余分な皮脂や角質を落とす「乳化作用」がある。このお湯につかることで、肌は柔らかくなって、湯上りはしっとりする。アルカリ性の温泉とは「ナトリウム炭酸水素塩泉」「アルカリ単純泉」などの表記があるもの。また、賛成のお湯は殺菌効果や肌を引き締める効果があり、皮膚病や傷に有効。「みょうばん泉」などがそれ。ちなみにキッチンに使う重曹は「炭酸水素ナトリウム」で「ナトリウム炭酸水素塩」と同じもの。一握りを風呂に入れると美人の湯が簡単に出来上がる。
 
アルカリ温泉で美人に