本当に結婚したい人のための雑学・トリビア

本当に結婚したい人のための雑学・トリビア
 
・理想の相手と結婚できる確率は28万分の1
 
理想を追い求めるのもいいが、本当に結婚したいのなら妥協も必要。
 
 
 
・女性のほうが男性より見た目の評価が厳しい
 
たとえば「100人に子供が欲しい」と願っても女性は産めないが、男性は生ませることが可能(複数の女性に対して)。
女性は出産の機会が一生に数度なので、男性を見る目が厳しくなる。
 
男と女
 
 
 
・老年期の人生の宿題は「死んでもいいか」と思えること
 
人生にはその年代に応じた宿題があるといわれている。たとえば青年期の宿題はアイデンティティを作ること。同じように老年期の人生の宿題は「死んでもいいか」と思えること。
「まあまあの人生だった」と老年期に振り返れるようになるのが大切。年を取るにつれて死を受け入れられる心の状態が徐々に作っていけることが成熟と言われている。
「死んでもいいか」と思える老人は幸せである。「死んでもいいか」と思っている人ほどストレスもなく長生きしたりもする。
「死んでもいいか」と思える条件の重要はポイントのひとつは「パートナー(結婚相手)がいること」である。
結婚していない人ほど悪あがきして生きようとする。
 
 
 
・婚期が遅れる女性の3タイプ
 
1.美しすぎる女性
美容コストがかかり経済面で男性が敬遠

2.面白すぎる女性
普段の会話が面白いと妻より面白くないといけないと男性が敬遠

3.稼ぎすぎ女性
男性のプライドが傷つきプレッシャーになり敬遠
 
 
 
・アイドルオタクは結婚相手としてねらい目
 
女性が婚活で結婚相手を見つけるには、競争相手があまりいない市場で男性を探すといい。そこで狙い目なのがオタク。
特にアイドルオタクは、女性をリスペクトしている人も多く、応援もしてくれるし浮気も少ない。
 
アイドルオタク
 
 
 
・婚活する女性にとって女子会はよくない
 
女性会ばかりに参加すると自分の話を一方的に話す癖がつく。自分のことを良く話すのは女性の話し方の特徴でもあるが、男性との会話でも女子会のノリで話してしまうと男性に嫌われる可能性が高くなる。
 
女子会
 
 
 
・自分のことばかり話す人は相手のことが好きではない
 
自分のことばかり話すのは、相手に興味がないから。相手のことが好きならば相手の情報を得ようと聞く側に回るのが自然。