↓どこをクリックしても、雑学・豆知識・話のネタ。
一言雑学集めました。  ■モノの雑学やうんちくいろいろ  ■わかるとうれしい雑学トリビア集
生きるうえで役立つ知恵や人間全般の雑学・豆知識いざというとき使えるかもしれない雑学・豆知識
ネーミング、名前の由来の雑学・豆知識  ■確率、数字にまつわる雑学・豆知識
誤解されがちな常識の真相雑学・豆知識  ■ハウツーや豆知識・○○の方法を集めました。
違いの雑学・豆知識 - モノの違いを分かりやすく解説
あたらしいネタオは こちら です。

浅草にまつわる名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識


浅草にまつわる名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識

・浅草の名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識

チベット語の”アーシャークシャ”がなまったもの。”アーシャークシャ”とは「聖なる者の住まい」という意味。(アーシャー → 所在地、クシャ → 聖なる)。浅草寺のご本尊の観音様、正式には聖観世音菩薩であるから聖なる者といえるだろう。

由来には諸説あり、昔この地は、浅い草が広がる平原だったというものもある。



・仲見世の名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識

参道に軒を連ねる、南北250メートル、88軒。浅草寺と雷門の間(「仲」)にある様々なお店(「見世」)。昔は「仲店」と書いていたが、「それじゃあイキじゃない!」との江戸っ子たちの声で「仲見世」となる。


浅草寺と雷門を結ぶ仲見世


・雷おこしの名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識

もち米などを炒って、水あめで固める日本人なら誰でも好きな、昔ながらの味。「おこし」自体「雷おこし」が発祥。江戸後期、浅草寺参りの人たちに、これを食べれば「家を”興し”名を”起こす”」と縁起を担いだもの。


雷おこし


・花やしきの名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識

江戸時代の末期に、森田六三郎という造園師がいて、植物園を造った。
花やしきは、元々は菊を展示する植物園だった。


花やしき

◆社名の由来(ネーミング)雑学・豆知識


◆バンドグループの名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識


◆商品名の由来(ネーミング)の雑学・豆知識


◆野菜やフルーツの名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識


◆チェーン店の名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識


◆芸能人の芸名の由来(ネーミング)の雑学・豆知識


◆山手線29駅の名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識1


◆山手線29駅の名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識2


◆料理の名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識


◆浅草にまつわる名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識


◆ハリウッド映画の名前の由来(ネーミング)の雑学・豆知識

あたらしいネタオは こちら です。
雑学・豆知識・話のネタの俺的メモ: ネタオ