パンの雑学・トリビア


 
 
・「食パン」は「食べるパン」が由来
 
昔、木炭でデッサンするときパンを丸めたものを消しゴムのように使っていた。そのパンと区別するために「食べるパン」「食パン」と呼ばれるようになった。
別に、明治時代に外国人向けの「主食用のパン」として食べられていたという説もある。
 
食パン
 
 
 
・フリスビーの名前の由来は、パン屋さんの名前
 
アメリカの「フリスビー・ベーカリー」というパン屋さんが名前の由来。
店の近くにある大学生がパイを焼く皿を投げて遊んでいたのがきっかけ。
 
フリスビー犬
 
 
 
・世界一高く飛ぶトースターは2m60cm
 
出来上がるとパンが2m60cm飛び出す。
ギネスブックに登録されている。
 
 
 
・クロワッサンはトルコ国旗の三日月をイメージして作られた
 
17世紀 オーストリア=ハンガリー帝国は、現在のトルコであるオスマン帝国と戦争状態だった。
相手のシンボルである三日月を模して食べたのがクロワッサンの始まりといわれている。
 
トルコの国旗
 
クロワッサン
 
 
 
・パンの中におにぎりが入っ「おにぎりパン」がある
 
栃木県の「ブロートバウム」というパン屋さんで販売されている。
パンの中に焼きおにぎりが入っていて、具はしゃけマヨネーズや明太マヨネーズなどがある。
 
おにぎりパン
 
 
 
・鎌倉に9年待ちのパン屋さんがある
 
元競輪選手の多以良泉己(たいらみずき)さんがレースで怪我をして、リハビリを兼ねてパンを作り出したところ大評判になった。
家庭用のオーブンで一つ一つ焼くため1日に2~5個しか作れず、2012年現在、予約は9年待ち。
値段は1.8斤で1260円。
 
パン
 
 
・昔フランスではパンを硬く焼いてお皿代わりに使っていた