学生時代、男子が女子の言われたかった言葉とシチュエーション

学生時代、男子が女子の言われたかった言葉とシチュエーション
 
学生時代、男子が女子の言われたかった言葉とシチュエーションを集めました。
 

■席替えに喜ぶ男子。喜びを分かち合おうと、隣の席だった女子に声をかける。「おい席替えだぞ!もっと喜べよ!俺はもっと後ろの席がいいな、お前は?」すると女子が一言。

「私、このままでもいいんだけど」
 
 
 

■学校帰りに突然の雨、傘もなく困惑する男性。すると同級生の彼女が傘を持ってきて二人は相合傘に。そして一言。

「雨も悪くないでしょ」
 
 
 

■通学で使っている電車で、密かに思いを寄せてる女子とよく一緒になる。気がつけば昨日もその前の日も、そのまた前の日も同じ車両だった。男子は運命を感じ、余計に意識する。普段あまり話しかけないが、「偶然会ったこと」を話題に勇気を出して話しかける。「俺たちって何かよく一緒になるよね?」と言ったとき、女子に言われたい一言。

「わざとだったりして」
 
 
 

■高校の昼休み。みんなは家から持ってきた弁当や買ってきたパンを食べている。しかし何も食べずに我慢している男子が一人。良心は共働きで弁当は無く、昼飯代としてもらったお金も使ってしまい食べるものがないのだ。そんな時一人の女子が「はい。お弁当」と差し出す。男子は「な、何で俺に弁当なんかくれるんだよ」動揺する。そこで、女子から言われたい一言。

「か、勘違いしないでよ!作りすぎただけだからね!!」
 
 
 

■彼女とデート。待ち合わせ場所に着き一緒に歩き出したとき、覚えのあるにおいがする。それに気づいた女性が意味深な表情で彼氏を見つめて一言。

「シャンプー同じのに変えたんだ」
 
 
 

■「自分を動物にたとえたら」の話題で男性が女性に言われたい一言。

「トラっぽーい」