↓どこをクリックしても、雑学・豆知識・話のネタ。
一言雑学集めました。  ■モノの雑学やうんちくいろいろ  ■わかるとうれしい雑学トリビア集
生きるうえで役立つ知恵や人間全般の雑学・豆知識いざというとき使えるかもしれない雑学・豆知識
ネーミング、名前の由来の雑学・豆知識  ■確率、数字にまつわる雑学・豆知識
誤解されがちな常識の真相雑学・豆知識  ■ハウツーや豆知識・○○の方法を集めました。
違いの雑学・豆知識 - モノの違いを分かりやすく解説
あたらしいネタオは こちら です。

パスタのソースを服に飛び跳ねず食べる方法


きれいに食べたいミートスパゲティー

デートでもよく食べる機会のあるスパゲッティー。せっかくオシャレな勝負服を着てくると、パスタソースの飛び跳ねも気になります。そんなとき知っておくと堂々とパスタを食べられる雑学です。


1.パスタをすすらない

すするとパスタが激しく揺れます。するとパスタの飛び散りも多くなる。これがパスタソースを服につけない基本になります。



2.テーブルから距離をとって食べる

そもそもパスタが服に飛び跳ねる瞬間は、フォークに絡まったパスタがほどける時である。フォークに絡めたパスタを口に持っていくまでの間のできごと。
パスタの本場イタリアの人は、服に飛び跳ねることは少ない。飛び跳ねるには日本人独特の習慣が関係している。
日本人は、背筋を伸ばしテーブルに近づいて食べがちである。すると自然と食べる位置が高くなる。高い位置で飛び跳ねたパスタソースは放物線を描きながら服に付着する。 パスタを食べるときは、握りこぶし3つ分テーブルから離れて食べるソースはつかない。すると自然と顔が前に出て低い位置で食べることになるので、はねたソースも短い距離しか飛ばず服につきにくい。


コツはテーブルから離れて食べること


3.そもそもフォークからパスタをほどけないようにする

フォークでメロンを切るときのように、フォークを縦にする。フォークの一番下の歯にパスタを5本ほど引っ掛ける。パスタがしっかり巻きつくまでフォークを回す。するとパスタはフォークからほどけない。


一本の歯だけに絡ませ巻き巻き

◆早口言葉をかまずに言う方法


◆パスタのソースを服に飛び跳ねず食べる方法


◆ドアノブで「バチッ!」冬の静電気の痛いを防ぐ方法


◆カレーうどんの跳びはねをなくす方法・裏技


◆ガッツポーズの効果とやってしまう理由

あたらしいネタオは こちら です。
雑学・豆知識・話のネタの俺的メモ: ネタオ