宇宙・NASAの雑学・豆知識

 宇宙・NASAのトリビア・話のねた


・宇宙エレベーターの建設計画がある

一般社団法人 宇宙エレベーター協会が設立され、高度5~10万Kmへ向けてのエレベーター開発が進められている。
宇宙ステーションからケーブルをたらし、昇降機を取り付け人や物質を運ぼうとしている。

 宇宙エレベーター

 

・夫婦は同じ宇宙船に乗れない

緊急時に救助の優先順位が決まってしまうことや「事故により残された子供の問題」が生じるため。

 

・宇宙服は1着10億円

内訳。
服本体 1億円
生命維持装置 9億円

宇宙服

 

・太陽の大きさをわかりやすくたとえると

地球をソフトボールの大きさにすると、月は3メートル離れた10円玉。
太陽は1.2Km離れた、直径10mの球体になる。

地球の直径は、約1万3000Km
月は四分の一の約3500Km
太陽は約100倍の約140万Km

太陽はとてもデカイ。

太陽系

 

・テンピュール枕は宇宙船内での衝撃を和らげる目的で開発された

1970年 NASAが宇宙船内の衝撃を和らげる座席素材として開発。
1991年テンピュール社が大量生産に成功し、市販した。

テンピュール枕

 

・宇宙船内では尿を再利用して飲んでいる

かつて尿は船外に捨てられていたが、2009年以降、ろ過装置で再利用している。かさばる水を節約できるため。

 

・宇宙飛行士の給料はNASA職員と同じ(出張手当あり)

アメリカでは宇宙飛行士は政府職員のため、公務員給与規定に準じる。出張手当はつくが、場所や距離に関係なく、20~30ドル。

 

・実際の宇宙空間では、アニメや映画のような音は出ない

宇宙空間には空気がないため、音の振動が伝わらず無音。

宇宙船